有限会社シュペール|鳥取県|鳥取市|外壁塗替え|水廻りのリフォーム|建築設備の設計|施工|保守管理|下水道切り替え|水洗化工事|住まいのリフォーム

 

リフォームQ&A

 

料金・キャンセルについて

料金・キャンセルについて
 
施工費用はどのようにして計算しているのですか?
 施工費用の計算方法は会社によって様々です。
 塗装専門店の場合ですと、屋根や外壁などの面積や数量から塗料代材料代職人の手間賃足場代金を算出して計算します。
 そして、塗装専門店以外の会社(工務店、ハウスメーカー、訪問会社)は上に書いたようなことに加え、会社の営業経費というのを計上します。
 そうやって知ると専門店以外に依頼すると余分な営業経費が上乗せされたような気がしてしまいます。
しかし実は、塗装専門店の場合はお客様のお宅で作業をする職人さんとお客様へ見積を出したり、色の相談をしたり、集金にいったりする業務をすべて同一人物がするので、すべての費用が職人さんの手間費内ですむのです。
そういうところでいうと塗装専門店のお店は、職人とお客様係りが別人になってしまうので、その費用が増えてしまいます。
 
いくつかの会社から見積をお願いしたのですが、金額がバラバラです。どこかチェックポイントとかありますか?
 何社かに見積をお願いされるお客様が多いのですが、大半のお客様が疑問に思われることがあります。それは、各社の見積の金額がバラバラだということです。その中身を拝見しますと、足場の面積の数量、屋根の面積、1㎡あたりの単価など、各会社ごとに数字が違うのです。
 この差は算出方法が定まっていないため、各会社ごとに算出方法が違うということが主な原因です。
壁や屋根と一口に言っても、平らな壁と、凹凸の激しい壁とでは、仕様する塗料の数量が変ってきます。そのため業者は、塗料の段取りをするのに自分たちが把握しやすい算出方法で計算をします。平らな壁もデコボコの壁も面積は同じ計算をして1㎡あたりの単価を壁の素材によって変動させる業者や、1㎡あたりの単価は一定にしておいて壁の素材に応じて面積の算出方法を変動させる業者など、様々です。
 このため、会社ごとに金額の差がでてしまうことはやむを得ないことと言えます。
 それらのことを踏まえ、お客様にアドバイスをさせていただきますと、各社の見積を目の前に悩んでしまったときは、金額のことはさておき、見積をされた業者を一社ずつ思い浮かべてみてください。どの業者が信頼できるか、どの業者に依頼したいのか。 この考える一呼吸があるだけで、大抵はお客様のよきパートナーとなる業者を選択することができます。リフォームは大きな金額が動きますから即決は禁物。じっくりと考えることが大切です。
 
木造と鉄筋コンクリート造の建物では塗料や塗り方は変りますか?
 塗料や塗り方の違いは、建物の構造によって大きくかわることはありません。木造や鉄筋コンクリートだからという見方ではなく、様々な条件でかわってきます。
その条件の一部を挙げると、壁の材質や築年数、傷み具合過去の塗り替え回数や、過去の使用塗料などで、慎重に確認と調査をしていかないとなりません。
 『木造か鉄筋か』という違いだけで判断し施工してしまうと、後々大変なことになってしまいます。
 塗り替えをされるときは慎重に相談されることをおすすめします。
 
築年数が長いほど、費用も高くなるのですか?
 当然築年数が長いと、老朽している箇所も増えてきますのでそれを治すのに費用はかさんでいきます。しかし、築年数が長くても、その間に何度か塗り替えをしている場合、それほど費用はかかりません。
 建てて25年間一度も塗り替えをしていないお宅と、その間に二回ほど塗り替えをしたお宅とでは費用はぜんぜんちがいますし、その後の家の寿命も2倍以上違います。
 塗り替えの目安はだいたい10年に一度。家は断然長持ちします。
 最近では建て替えをしても、昔ほど高くつきませんが、愛着のあるお住まいと末永く付き合っていただけたら!と私たちは思っております。
 
分割払いはできますか?
 ほとんどのリフォーム店では、クレジット会社と提携したり、金融機関の住宅ローンの斡旋が可能になっています。
 しかしできることならリフォームや家のことにお金を使いたくないし、ローンなんて気が重くなりますね。まして、家を建てたときには数年後にリフォームが必要になるなんて想像もされなかったはずです。
 一番良い対策はリフォームのために計画的に積み立てなどをしておくことです。家を建てるときにあらかじめハウスメーカーさんにそのようなアドバイスをしてもらえると前もって積み立てとか準備ができて安心です。分割も良いですが、計画的なリフォームを考えていくのが人生設計の役に立つことでしょう。
 
見積の金額以外に料金がかかることはありますか?
 契約をしたときの見積金額以上に料金がかからないのが一般的です。塗り替えリフォームの場合ですと、工事が進むにつれて家が新築のときのようにきれいになっていくので、それに感動したお客様方が、『裏口の扉も新しいものに交換してほしいわ』とか、『玄関のタイルも張り替えよう』、『門扉をアルミに交換したらどうかな』などと、追加の依頼をされることがあります。
 そういった塗装以外の工事の場合は、追加で料金が発生することもあります。しかし『門扉がサビているから塗っておいてください』とか、『小屋の屋根も塗ってほしいです』などの追加依頼は、塗装作業中にできてしまうことがほとんどなので追加料金が発生することはごくまれです。
 しかし、予定外のお願い事には料金の追加を求められる職人さんがおられます。その職人さんは下請けの職人さんです。下請けの職人さんは決められた金額で仕事をうけているので、余分に時間がかかってもそれ以上のお金をもらえません。もちろん下請職人さんがみんなお金にシビアというワケではありません。追加の料金がかかるかかからないかはその依頼した業者の施工体制によるものが多いです。
 
施工前にキャンセルする場合はいつまでに連絡すればよいですか?
 キャンセルをされる場合は特に期限というのはないというのが一般的です。しかし、工事開始の日程が決まっていたり、材料の準備が完了していた場合は一部負担金などが発生するという業者さんもあります。ですからキャンセルされる場合はなるべくお早めに。できることならキャンセルの場合についてもよくご相談と確認をされることをお勧めいたします。
 
 
キャンセルの手続きはどのようにすればよいのですか?
 キャンセル手続きは、業者によって違います。通常は一ヶ月くらい前にキャンセル手続き依頼の連絡をすれば、手付金なども返金して契約解除してくれます。
 
 余談ですが、訪問販売で契約をされた場合は、契約書付属の誓約書のようなものをきっちりと読まれるようにしてください。そして、訪問販売の場合は『クーリングオフ』という買って二週間以内なら返品ができるという法律が適用されることを覚えておいてください。
というのも近年悪質な塗り替えリフォームについての被害が相継いでおり、そのほとんどが訪問販売から始まっているものだったからです。
 一番の対策は契約時にキャンセルについてのルールを聞いておくことです。お気をつけください。
マツモト工務店
(有限会社シュペール)
〒680-0911
鳥取県鳥取市千代水3-59
フリーダイヤル 0120-984-588
TEL.0857-31-4288
FAX.0857-31-4343

-------------------------------
1.外壁、屋根塗装
2.住宅改修及び新築工事
3.建設設備の設計、施工、保守管理
4.建築設備のコンサルタント業務
5.住まい、水廻りのリフレッシュ
-------------------------------
014065
<<有限会社 シュペール>> 〒680-0911 鳥取県鳥取市千代水3-59 TEL:0857-31-4288 FAX:0857-31-4343